FC2ブログ
 
■プロフィール

お気楽エルク

Author:お気楽エルク
東京都福生市のとある病院内に住んでいる(自称)名犬・エルクです。診療日記、なんて題名にしちゃいましたが、なんでもない日常からセンセイから聞いた話までいろいろ日記に書いていきますね。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ボク、エルクです。
サービスショット。
僕はエルクです。

センセイも看護士さんたちも、一部のファンの方々(!?)も、僕のことを知ってくれています。


ですが、世の中には愛情も名前も失ってしまう子たちも存在してしまいます。


先週からついこの間まで、僕の隣で入院していたラブラドールの保護犬くん。

だいぶ高齢な彼の名前と半生を知る人は誰もいませんでした。


ですが、第2の人生(犬生)をたくさんの幸せに恵まれて過ごせますように、と願いを込めて、保護団体:ハッピーラブズの方々が、彼に『幸多郎』と名付けてくれました。


ですが、幸多郎君の体は、重篤な腎不全にむしばまれていました。


保護センターをやっと出られたのに、そのまま僕の横のお部屋に入院。


朝も昼も夜も、ハッピーラブズの皆さんは面会に来てくれて懸命に幸多郎君を励まし続けました。


尿毒症からの吐き気と痙攣を起こし始めていたけれど、そんな優しい皆さんの応援に応えるかのように、顔を上げて尻尾を振って。いつ意識を失ってもおかしくない状況で、新しい愛情と名前が幸多郎君を支えていました。一時は、晴れた日にカートでお散歩にも行けました。


入院から8日目の夜。とうとう幸多郎君は旅立って行きました。


最期は保護センターから出してくれた、ボランティアのお母さんの腕の中で。


もしかしたら、放浪中に事故や病気で亡くなっていたかもしれない、センターで急変して治療前に亡くなっていたかもしれない、そうしたら『幸多郎』ではなく、『放浪犬』『保護犬』と呼ばれたまま、愛情を注がれることなくその一生を閉じていたことでしょう。


ボランティアのみなさんは、本当の幸せを望んでいました。

暖かい家庭で。いっぱいの愛情を注いでもらって。幸多郎君も家族を愛して。



予防注射とかで病院に来院する子たちにとっては当たり前なことなのに、こんなにも難しいことなんて。



今、この瞬間にもたくさんの子たちが、名前も過去も愛情も失った子たちがセンターにいます。






僕にできるのは、そんな子たちが必要としてくれたときに、血を分けてあげること。。






みんなは、何かできることがありますか?




スポンサーサイト
まじめな話 | 01:54:15 | トラックバック(0) | コメント(1)
来ました、高度な医療機器。
博学なエルク博士ですが。


今、業者さんから半導体レーザーの機械をデモ機としてお借りしているみたい。


レーザー、っていうと、ス〇ー〇ォーズとかのSF映画で剣になったり銃で撃ったりするイメージですよね。

もともとは、あの有名なアルバート・アインシュタイン博士の放射の量子論、っていう原理がもとになっているんだって。

レーザーは、LASER(Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation)の頭文字で、

輻射の放出誘導による光増幅、って意味なんだって。

レーザーには、固体レーザーとか液体レーザー、ガスレーザー、自由電子レーザー、金属蒸気レーザー、

化学レーザーとかいろいろあるらしいけど、今借りている機械は半導体レーザーなんだって。

あのプレゼンとかに使われるレーザーポインターや、CD・DVDの読み取り部分でも使われているやつと同類みたい。


ちょっと勉強してみたんだー(愛読書はNewtonですし)。

studying elk



ちなみに、これがその装置。

laser.jpg


横に置いてあるマグカップはダ〇ソーで買った普通のやつだから、本当に本体が小さいんです。

ファイバー(レーザーの通り道)とハンドピース(持つ部分)を変えれば、いろいろな使い方があるみたい。

例えば…

・疼痛緩和と創傷治癒促進

・手術時の組織切開

・デキモノ(イボ・良性腫瘍)の蒸散(焼きつぶし)

・血管のシール切断(縫合糸不要の手術)

・腫瘍の温熱療法(熱で切除困難な腫瘍を縮める)

・緑内障の網様体凝固手術(眼房水産生抑制)

・歯周病治療(歯周ポケット内の殺菌)

・椎間板ヘルニアの減圧術(PLDD)


なんて処置が可能になるんだって!


これがあればたくさんの病気の子たちが治せる!

…はずなんだけど、この装置のお値段が車1台買えてしまうくらい(減税補助金はつかないし)。


センセイのお小遣いじゃとても買えないから、

まずはデモ機として、適応できる病気の子が来た時に治験的に使ってみるんだって。



…センセイも看護士さんも、機械いじりながらなんで僕をそんな意味深な目で見るの…?



業者さんがデモで使った鶏肉。僕がおいしくいただきました!!

chikin.jpg


ちなみに黒いところがレーザーで切開したり蒸散したりいろいろしたところみたい。

このおこげがまた たまらなくおいしいんだな!!

まじめな話 | 21:13:29 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。